抗うつ剤のジェイゾロフト

ジェイゾロフト一般名はセルトラリンと総称され商品名はゾロフトで米国の製薬会社ファイザから発表されSSRIに括られるグループに属してます。

2006年に発売された抗うつ剤で海外では91年に発売開始14年にはジェネリックである口腔内崩壊OD錠も発表されお財布にも優しくなりました。
SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬の事を言い名の通りセロトニンの分泌を増量させる事で対鬱に効果を発揮しその為、鬱病から色んな疾患系に使われ精神科で広く使われている抗うつ剤です。
ジェイゾロフトは効果がある上に安全性も確立保障されてて副作用も少々という非常にバランスが取れた定評の薬で神経関連、心療内科のみで無く様々な科で処方される事が在ります。
日本だと比較的に最新の薬ではありますがイギリスだと90年から使われ始め、全世界に広まっていきましたSSRIの良点は以前の対うつ病対策薬と比べ副作用が軽減されており安全性が高いというところです。

だがしかし副作用が全く発症し無いという訳でもなく薬である以上副作用は起こりえます。
臨床で実感が無くともジェイゾロフトの副作用は他と比べて少なく感じるが性機能関係のSSRIと比べるとやや多く軟便や下痢になり易いという特徴が見られますが総合的に副作用に関しては少なめで安全性は高いとされます。
他のSSRIとしてパキシルが存在し2000年に日本で商品された抗うつ剤で効果の強さが評価されてから国内で広く処方されています。
また伝達物質でセロトニン系の神経のみに働くのが特徴となっておりセロトニンを増加させる事により使用者自身の感覚的、心理的な気分を楽にすると言われてます。
なので気持を向上させると云うよりかは不安やイライラ心配な気持ちで冷静さを失った心理状況を穏やかにしてくれる方面に効果が表れるという声は良く愛用者の声やネットでの口コミで書かれてます。

又、副作用の喉が渇くや便秘が抑えられるという広告文句で販売されてますが他SSRIに比べれば副作用は多めです。
さらにパキシルは適応症でのパニック障害が認められた初の薬でもありパニック障害への治癒の幅がパキシルの登場によってさらに広がりました。
発売された当初は価格が高く簡単に手に出せるモノでは無かったのですが近年では特許が切れ先発薬との主成分と効能がほぼ同じとされるジェネリックが流通され財布の金銭面での負担が軽くなりました。